戯筆

勘亭流 戯筆(かんていりゅう ざれふで)と申します。

勘亭流を書きは始めて十一年目です。
幼い頃より書道を習っておりましたが、高校に進学し大学を卒業するまで筆を持つことすらありませんでした。
自分のやりたい事が何かわからず模索する中、
もう一度書道をしようと思い立った時、
たまたま目にした勘亭流の文字に魅了され、何の当てもないまま先生の所に飛び込みました。
教えるというより見て学べという職人気質の先生で、
『自分で考え発見し、身に付けた事こそほんまもん』という教えを守り日々励んでおります。
筆の使い方は

記事一覧(50)

『kawaii!勘亭流いろは 其の弐 』

書道であって書道にあらず歌舞伎文字といわれる勘亭流書道と同じく筆を使いますが実は書き方にも、道具にも違いがあり驚きがたっくさん!!! 字が苦手でも筆をもったことがなくても歌舞伎を知らなくても絵を描くように書けちゃうかわいい!勘亭流を体感しませんか!今回は少しでも多くの方にお越しいただけるよう午前の部と午後の部をつくりご都合のよいお時間を選んでいただけるようになりました。どうぞ、よろしくおねがいいたします! * * * 【詳細】10月14日(日)10時~12時                                 14時~16時於:ひみつ基地 うっかり堂受講料:2000円持ち物:なし (筆など、すべて貸し出しいたします)定員:各7名 (定員になり次第受付終了) 【講師】 勘亭流 戯筆 (カンテイリュウ ザレフデ)歌舞伎文字書家関西・歌舞伎を愛する会 会員平成19年より 歌舞伎文字・勘亭流を学び始める 平成25年より 和装小物店のディスプレイ用のミニ役者まねきを揮亳(現在も継続中) 平成27年より 京都市内にて作品の展示・販売・イベント等での実演、揮亳依頼などの仕事を受け、本格的な書家活動を開始する 平成29年より 京都・大阪・奈良のカルチャーセンターで講師を務める 【秘密基地 うっかり堂】京都市東山区のとある路地奥に佇む京町屋。住所非公開の ひみつ基地。講座にお申込みいただいた方に、ご住所をお伝えしております。どうぞよろしくお願いいたします^^うっかり堂 主人 空果梨堂満茶乃 拝お申し込み・お問い合せは、zarefude@kce.biglobe.ne.jpまで宜しくお願い致しますm(__)m