『何と読むでしょう?其の弐』


一番左のヒントは“六月”

真ん中は役者さんの屋号、
歌舞伎座では初代の俳名を冠して“九月~祭”という芝居が毎年かかりますよね🎵

最後は習作『青嵐露夏菊』でした😊


本日は以上、戯筆でございました。

勘亭流 戯筆

kanteiryu zarefude

0コメント

  • 1000 / 1000